4. 新教養試験「Light」の利用法

4. 新教養試験「Light」の利用法

教養試験「Light」は、以下のようなご利用団体に特にお勧めしたい試験です。

  • 民間企業志望者など公務員試験に向けた特別な準備をしていない人たちにも幅広く受験して欲しい団体。
  • 人物重視に当たり、受験者の基礎的な知的能力は確認しておきたい団体。
  • 技術系職種や資格免許職種など、専門能力を重視するが基礎的な知的能力(知能や知識)は確認しておきたい団体。
  • 多様な分野の人材を確保するため、受験者に試験のための負担を小さくしたいと考えている団体。
  • 「Light」は、基礎的な能力を検証するための試験ですので、専門試験や性格検査などと組み合わせてのご利用がお勧めです。