1. なぜリニューアルするのですか。

当試験センターの提供する教養試験は、地方公共団体の職員に必要とされる職務遂行能力を測定することを目的としています。受験対象者として主に新規学卒者を念頭に置き、大学や高校等で学習する標準的・基礎的な内容の知識、職務に必要な理解力、論理的思考力等を測定することによって、公務の現場において職務を十分に遂行できるかどうかを判定しています。

今回の教養試験のリニューアルは、このような従来からの基本的な考え方をベースにした上で、さらにご利用団体のニーズを取り入れた教養試験をご提供することを目的とするものです。具体的には、

  • これからの地方自治を支える多様な人材を確保したい
  • 民間企業志望者も受験しやすい試験にして応募者を増やしたい
  • それぞれの団体が重視する能力や様々な受験者層に合った試験にしたい

など、各団体のニーズに沿って教養試験の問題集を選択できるようにしようとするものです。